ぽかぽかてんぽ

CGC部内発表会③

「アラビア風奇想曲」「ラ・クンパルシータ」「Open Armes(ジャーニー)「バラ色の人生」

アラビア風奇想曲 
今年の4月、米寿を迎えた長老の演奏です。クレシェンドギタークラブが1996年に発足以来、ずっと活動を支えてきてくださった重鎮です。当初御年63歳!!若い!!長老も私もこんなにクラブが長く続くとは思ってもみませんでしたが25年の歴史を一緒に体験できました。感謝です!
アラビア風奇想曲は長老のライフワークともいえる曲で、この2~3年、いつもアラビア風奇想曲に挑戦しておられます。もちろん暗譜です!私も88歳でアラビア風奇想曲を暗譜で弾けたらいいなと常々感心しています。

ラ クンパルシータ
すごすぎるテクニックで弾き切るKさんです。今年に入ってからのクレシェンドギタークラブへの入部ですが、みなさんに馴染んで楽しく活動していただけているようです。指がめちゃめちゃまわって私が目が回りそう!ラスゲアードも決まっていて華やかな演奏です。なんか内気そうなふりをして演奏になるとパワフル。そんなkさんです。

Open Armes(ジャーニー)
ジャーニーの有名な楽曲です。ギターソロでゆるりとした大人な感じの演奏で長めのアレンジを弾いてくださいました。音の跳躍が多く難しかったと思いますが、キャリアが長いのであまり意に介さない調子です。この方も猫を飼ってらっしゃるのですが、クレシェンドギタークラブに入部され、もっとも最初の時期、猫が「ギターを弾き始めると逃げていくんです」数年後→「ギターを弾き始めると来て、そばに寝そべっています」に変化。素敵だと思いませんか。
いつもいいギターアレンジ譜を探してきてくれます。

「バラ色の人生」
人生がバラ色かどうかはさておき、味わい深い演奏で楽しめました。バラ色かどうかはわかりませんが(2回言う?)紆余曲折、深~い人生を歩んでこられたのが演奏からわかります。ギターって指で弾くので音をどういう風に扱っているか、音楽やその取り組みが露わになり、うれしいやらこわいやら。でもそこがギターの(特にナイロン弦の)魅力だと思っています。音色、音質、弾き方次第でいろいろな場面を描けるからです。
アレンジも適度に音を端折ったりしながら、自分の手中に収めておられGOODです。きかせる演奏でした。

最初の花の写真はマリーゴールドです。大人気のあいみょんのヒット曲「マリーゴールド」こんな花なんですね。家庭菜園で「先生い~~~~っぱい咲きました」と言って生徒さんがもってきてくださいました。もうすこし黄色に近い色のもあると思いますが、このオレンジに近い色が夏を感じさせていいですね。とっても強い花だそうです。葉はいい匂いがしてなんかお浸しにして食べられそう、と思うのは私だけでしょうか。
あいみょんの「マリーゴールド」はいまだにU-フレットで10位以内に入っています(2021年8月現在2位)。
※U-フレットとは、歌詞とコードをたくさん掲載しているサイトです。基本的には無料です。

移動して下へスクロールすると歌が表れます。最初のタイトルの枠の中のストロークというところを押すとストロークのパターンが表れるのでこのパターンで弾くと曲のイメージに近くなりますよ。始めるときに歌詞の横の白いスペースをクリックすると曲が進むとともに自動でスクロールするのでページを繰る手間が省けて便利です。止めたいときはもう一度空白をクリックします。わからないことはなんでも聞いてね!WEBレッスンコースもあります。
お問合せ欄からどうぞ!

④へつづく

関連記事

  1. クリーミーボロネーゼ
  2. ヴァイオリン
  3. カントリーロード
  4. セツブンソウ

ブログアーカイブ

旧ブログのアーカイブ(2008-2020)

PAGE TOP