ぽかぽかてんぽ

読書

大阪モデルに従いたいと思います。

5/4の安倍総理による、緊急事態宣言の延期(5月末日まで)には、やむを得ない、という気持ちと、それは長いな、という気持ちが交錯しました。大阪はもう少し早く解除できるのではないか。吉村知事は<大阪モデル>として以下の方針を発表しています。当教室はこの指針に賛成で、少しでも早く通常の形態に戻りたいと考えています。7日間の連続、という条件はハードルが高いとは思いますが、期待しています。以下、記事の引用です。

 緊急事態宣言延長を受けて、5日、大阪府の吉村知事は、独自の解除基準を示しました。

 午後3時半すぎ、大阪府で開かれた対策本部会議。緊急事態宣言が今月31日まで延長されたことへの対応についての会議です。

 会議の冒頭、吉村知事が担当者に求めたのは、国が示さなかった「出口戦略」でした。
 「どうなったら民間の休業要請だったり、そういった措置が解除されるのか。その『出口戦略』を示す必要があります。きちんとした数値目標を持って、府民の皆さんと共有できる。そういった出口戦略数値目標を定める必要があると思います。本来、国で示していただきたかったが、国で示されないとなったので、大阪府としてのモデル『大阪モデル』を決定したい」(大阪府 吉村洋文知事)

 吉村知事が重視したのは、なにがどうなれば外出自粛や休業要請を解除するのかという明確な基準でした。府が示した基準案の念頭にあったのは、「医療崩壊」を起こさないことです。ポイントは4つです。

「陽性率が7%未満」「感染経路のわからない人の数が1日の新規陽性者のうち、10人未満」「重症者向けの病床の使用率が60%未満」、そして「前の週と比べ感染経路不明の人の数が増えていないこと」が条件です。これらの基準を、7日間連続で満たしていることを条件としています。(以上引用終わり)

当教室は、緊急事態宣言が解除されるまでは対面のレッスンは休講いたします。Webレッスンは期間中ずっとやっていますので、ぜひ受講してみてください。慣れれば通常のレッスンとそんなには変わらないですし、今の期間、移動もなく安全なところがよいです。

Webレッスンは、まず通信に問題がないかデモレッスンを随時行っています。15分程度です。音声や画像のチェック、また操作の仕方の打合せ、楽譜を共通させること、段に番号を打つことなど、すべてクリアできればレッスンの予約、という順で行います。操作に自信がない方もゆっくり打合せしますのでご連絡ください。これから将来的にもデモレッスンをお勧めします。※4月分のお月謝をすでに納めている方は通常レッスンと同じ回数を消化していきますので新たな支払いは生じません。

関連記事

  1. シナモンスティック
  2. ギター基礎講座04
  3. セーハについて
  4. 弦の交換
  5. ギターと波

ブログアーカイブ

旧ブログのアーカイブ(2008-2020)

PAGE TOP